• 家造りのこだわり
  • アーニスト日記
  • オーナーズクラブ
  • 北海道移住計画
  1. トップページ
  2. ローン・税金・保証
  3. 住宅瑕疵担保履行法

住宅瑕疵担保履行法

住宅保証機構 住宅性能保証制度(10年間保証)

住宅保証機構とは、万が一の補修費用を、保険でサポートする制度です。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(住宅品質確保促進法)にも対応しています。
具体的には、下記にある部分の事を指します。

長期保証の対象となる部分イメージ(木造一戸建て住宅の場合)
長期保証の対象となる部分イメージ(木造一戸建て住宅の場合)


日本住宅保証検査機構(JIO)

品確法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分及び、
雨水の浸入を防止する部分に関する瑕疵担保責任の範囲が対象になります。

長期保証の対象となる部分イメージ(木造一戸建て住宅の場合)


保険金の支払いイメージ

~対象~
1. 構造耐力上重要な部分
2. 雨水の浸入を防止する部分 → 新築住宅の引渡しから10年

~てん補率~
1. 売主には80%(1,000万円の補修額が必要な場合)
   (1,000万円-10万円)×80%=792万円
2. 売主倒産時には買主へ100%(1,000万円の補修額が必要な場合)
   (1,000万円-10万円)×100%=990万円(※10万円は免責金額)



20年保証

20年保証
瑕疵担保保険の10年が過ぎましたら、当社が点検・補修を行った住宅に対しては20年保証を行います。


line ページトップへ戻る
©2011 ㈱アーニストホーム All Rights Reserved.